【目の健康を守る】老眼の予防法や原因を事前に知っておこう

目の健康を保つ為に

目元

心がけたいことは

老眼は目の障害の1つで年齢を重ねることで、目の疲れを感じやすくなりピントが合わず物が見えづらいといった症状が表れます。老眼による目の疲れや目のかすみは頭痛や肩こりといった、体の不調に繋がる場合もあり予防に努めることが重要です。老眼の原因をしっかりと理解して、対策を講じることをおすすめします。老眼の原因は人それぞれですが、まず挙げられるのが加齢です。目にはカメラでいう、レンズにあたる水晶体があります。水晶体は物を近くで見るときは厚くなり、遠くの物を見る際には薄くなるといった調節を行っています。しかし年を重ねるごとにこの調節が、上手にいかなくなり物が見えづらくなります。また最近はスマートフォンやパソコンなどを長時間使い、目を酷使する生活を送る人が増えて目に強い負担がかかり症状が出てしまいます。老眼の予防の為には加齢によって衰える、毛様体筋を鍛えることが有効です。遠くの物を一定期間見てから今度は近くの物にピントを合わせる、目のストレッチはおすすめです。またスマートフォンは出来るだけ目から離して使用することや、連続して使用し続けないといった予防策も目の疲れの改善には良いです。普段から目だけではなく体全身の血流が良くなるように、ルテインやアントシアニンが多く入っている食べ物やサプリメントを積極的に摂取することも大切です。目の健康を守る為には日頃の予防が肝心で、日頃の生活に継続して取り入れることが重要です。

誰もが経験する目の衰え

メガネとコンタクト

老眼は加齢を原因として目の焦点調節機能が衰えることによって進行します。発症自体を防ぐことはできませんが、目を酷使しないよう普段から気をつけたり、機能回復のためのトレーニングを行ったりすることによって、症状の進行をある程度予防することが可能です。

もっと見る

目も筋肉で動きます

女性

人間は年を重ねるにつれ、体のあちこちの筋肉が弱ってきます。しかし、この筋肉は、日ごろから鍛えることで、筋力を維持することができるようになっており、老眼の原因となる目のピントを合わせる筋肉の働きを高めることが、予防法となるのです。

もっと見る

20代にも起きる目の老化

目元を触る女性

老眼は40代から50代頃から始まります。しかし最近はスマホなどの影響で20代の若者でも起きるようになりました。ほかにも紫外線やストレス、生活習慣の乱れなども老眼の原因となっています。予防するには目をいたわるだけでなく体の老化を防ぐことも大切です。

もっと見る

To Top