【目の健康を守る】老眼の予防法や原因を事前に知っておこう

20代にも起きる目の老化

目元を触る女性

体の老化も原因

老眼は老化現象の一つで止めることはできません。しかし予防をすることで遅らせることは出来るのです。老眼の症状の出る年代は40代から50代頃だと言われます。しかしデスクワークを中心とした仕事をしている人は、早めに老眼が始まる傾向にあります。また屋外で仕事をする人などは紫外線の影響などで老眼が早まることもあります。スマホなどで長時間ゲームをすることで20代の若者が老眼になるケースも増えています。パソコンのブルーライトも紫外線の量が多く目に悪影響を及ぼします。涙液が減少するドライアイも老眼を進行させる原因となります。これは専用の目薬などで改善することができます。老眼を予防するには、眼精疲労を予防するだけでなく体の老化も遅らせることが大切です。目を酷使する仕事やゲームをしているときは、時々目を休ませることが大切です。眼精疲労用の目薬や目に効く成分が配合されたサプリメントなども効果的です。どれを選んでいいのか迷ったら口コミの評判なども参考にできます。ストレスや生活習慣の乱れなども老化を早め老眼の原因となります。ストレスや睡眠不足などが原因で体内に活性酸素が大量に発生します。活性酸素は体を酸化させ老化現象を早めます。これは目の網膜などにも影響を与え、老眼も早まってしまいます。日頃からストレスを発散させるようにして、十分睡眠をとることも老眼予防には大切なことです。また栄養バランスのとれた食事をすることで目にも十分なビタミンやミネラルなどを送ることができます。

To Top